カードローンの金利

金利とはお金の借りた時の元金の何パーセント分を利息として支払ってもらうかというものでどこの会社でも表示されている金利は基本的に年率で一年丸々借りた場合につく利息の事です。
例えば10万を10%で30日借りた場合などは10万×10%÷365日×30日と言った感じで計算できこれが低ければ低いほど月々の返済もとても助かります。
ちなみに金利には法定金利というものがあり借り入れ金額によって金利の上限が決められて10万円未満の場合は20%、10万円から100万円未満は18%、100万円を超える場合は15%を超えて、利率を設定してはいけないとなっています。
カード会社どこでも○%〜○○%と表記さてれいますがこれは借り入れ金額によって金利が変化していき高額になればなるほど金利は低く設定されています。
金利の傾向として消費者金融より銀行の方が低く設定されて借り入れ金額が低いほど開きが多くなっていきます。
しかし消費者金融の方も○○日まで金利無料などのサービスがあります。
金利が低いのはとても魅力的ですがその分審査が厳しくなる傾向があるので目の前の金利だけで判断するのではなく消費者金融で利用できる無利子の期間があるものなどを上手に利用してください。
金利ばかりに目が行きがちですがカードローンを利用する時に元金・金利以外に支払わないといけないものが手数料で提携のATMなどを利用した場合や時間外などの利用なので必要になってきます。
一回100円と少額なので気にも留めずに利用してしまいそうですが長期間利用した場合これが意外と負担になってしまっている場合があります。
金利が低いが利用しやすいATMが手数料が必要な場合は多少高くてもそちらを利用する方が返済の総額が安くなるかもしれません。
後気を付けたいの延滞をした場合です。この時延滞金利と言うものが適用されます。
少々罰金的な意味合いもあるので通常の金利よりも高くもったいないので返済出来る金額を借りれる様にしてください。
参照:【主婦借入WEB】専業主婦でも借りられる、3つの方法


このページの先頭へ戻る