勤続年数とカードローンの関係性について

個人が借入を行う場合に、一般的に使用されているものにカードローンがあります。カードローンには、銀行によって発行される銀行カードローンと、傘下となっている、消費者金融会社が発行をする、いわゆる銀行系と呼ばれる2つがあり、銀行カードローンを作る場合には、提携をしている保証会社の審査に通る必要があります。
銀行系の場合には、多くは、即日によって審査が行なわれ融資を受けることができますが、銀行カードローンでも同様のサービスの提供を行っており、それはWebによる申込となります。また、口座を作っておくことでよりスムースな手続きが可能となります。
審査に関しては、まず、大きな判断材料としては、属性と、ローンや公共料金等の支払い状況、利用履歴があります。これらの内容は信用属性とも呼ばれており、属性に関しては、年齢、職務に関する全般、年収、居住年数、居住形態、家族構成があり、他に固定電話の有無や健康保険の種類に関しても審査が行なわれることになります。中でも、勤務に関する内容では、職業や勤務先、雇用形態も含めて勤続年数が大きく関わることになり、勤続年数が短い場合には限度額が減少されたり、場合によっては審査が通らない場合があります。属性調査では、勤続年数が長いほど評価が高くなり、なお且つ、公務員や一部上場企業の社員、雇用形態では正社員の条件が、最も有利な内容となります。但し、いくら条件が良いとしても、他での借入が数社に及んでいた場合には不利となり、事故歴があった場合には、まず、申込は却下されることになります。


このページの先頭へ戻る