銀行カードローンと消費者金融の特徴

銀行のグループに所属している貸金業者のキャッシングのことを、銀行系キャッシングと呼ぶことがあります。消費者金融であっても、銀行系のグループに属していれば銀行系キャッシングと呼ぶことには注意が必要です。

 

さて、このようなグループに所属している金融機関のメリットとしては、利用できるATMの数が多かったり、ATM手数料が無料となっていることなどがあげられます。もちろん、同じグループだからサービスが共通しているというわけではなく、金融機関によってサービスが異なるので確認は必要です。

 

また、「30日間無利息」といったお得なキャンペーンをやっていることが多いのも特徴です。審査が厳しいという口コミなどもありますが、消費者金融ならばそれほど厳しくはないようです。過去にクレジットカードやローンの返済で延滞が一度や二度あったという程度ならば審査に通ったという口コミもあります。

 

同じグループでは延滞情報などの利用履歴などの情報が共有されているという噂もありますが、同じグループでも違う会社ならば個人情報が漏れるようなことは基本的にありません。よって、同じグループでも過去の延滞情報などは共有されていないということです。逆に、良好な利用実績を積んでいる人にとってはプラスとなるような情報も共有されていないということですので、同じグループの会社を利用しているからといって審査で優遇されるようなことは基本的にはないようです。


このページの先頭へ戻る