カードローンを利用するときの注意点

キャッシングは、必要なときにすぐに現金を用意できることや、基本的には担保や保証人が不要であること、また、多くは即日融資など借入を迅速に行うことができるなどのメリットがあります。しかし、利用をする場合には、注意点を考慮した上で借入を行うことが大切なことになります。
キャッシングを利用してお金を借りる方法としては、大きく、ローン業者と契約をして借りる方法と、クレジットカードのキャッシング利用可能枠を利用する方法の2つがあります。申込先としては、一般的には銀行に申込を行う方法と、消費者金融に行う方法があります。注意点としては、まず、大切なこととしては、借入額に対してしっかりと返済をしていくことが出来るのかということがあります。生活に対しての余剰金で返済が可能な場合には問題はありませんが、ボーナスなどの一時金を見越して借入をした場合には、大きなリスクを負うことになります。次に、利率があります。ほとんどの貸付は、利息制限法一杯の利率を設けており、そのために、繰り返し借入を行う場合などでは、その金利差は、一般的な融資に比べて、かなりの高額となることを理解しておく必要があります。理想的な借り方としては、無利息期間を設けている金融業者から借り入れ、その期間中に一括返済を行う方法があり、この場合には、利息を1円も支払うことなく、お金を使うことができます。
他に注意点としては、審査があります。キャッシングで、返済が滞ってしまったりした場合には、内容によってはCICなどの個人情報機関に履歴が残ることになり、この場合には、他に申込をしたとしても審査が通らなくなるために十分に注意が必要となります。


このページの先頭へ戻る