債務整理について

複数の金融業者などから借金をして、返済が難しくなってしまった場合の解決策の1つに債務整理があります。方法としては、大きく、任意による話合いによる方法、裁判所を活用して解決を図る方法の2つがあり、裁判所を活用する方法としては、返済条件等を話合いで取り決める方法、借入額の減額や借金全ての存在を無くしてしまう方法があります。それぞれの方法は、任意調停、特定調停、個人民事再生、自己破産と呼ばれ、返済原資の有無や、債務の状況によって用いられることになります。
主婦が債務整理を行う場合においても、これらの方法のどれかを利用することができ、法律的な知識をある程度持ち合せている場合などでは、自分でも手続きをすることができます。しかし、借入先が多い場合や、相手方との交渉など煩雑さが伴うことも多いことから、そのほとんとは、司法書士や弁護士に依頼をすることで解決が図られています。
解決の進め方としては、最初に弁護士等に相談をすることになります。ここでは、債務の内容を把握した上で、どの方法が適しているのか選択され、その内容に沿って手続きが進められることになります。自己破産を除いては、当然、返済原資が必要になりますが、ここでの留意点としては、個人民事再生があり、この場合には、条件の1つとして継続した一定の収入が必要となるために、定職が無い場合には受理が難しくなります。任意や特定調停の場合には、元本に関しての返済期間の延長や利息の軽減などが期待できますが、それでも無理な状態が考えられる場合には、自己破産制度を活用することになります。


このページの先頭へ戻る